iPad Airの特徴

日本でも最も高い知名度と人気を誇るタブレット端末であるiPadは数多くのシリーズが有り、それぞれ重さや厚さ、性能や適した利用シーンというのが微妙に異なってきます。
自分の利用シーンをイメージしつつ、iPadの各シリーズの違いや特徴などを詳しく知っておけば賢い購入ができますし、購入後も適切に使いこなすことができるでしょう。

iPadシリーズの中でも多くの現代人のライフスタイルにマッチし、多くの人が快適に使うことのできると考えられるシリーズが第5世代であるiPad Airとなります。

iPad Airは前モデルであるiPad4から革命的とも言える劇的な進化を遂げています。
CPUの性能はApple A6XからApple A7へと進化し、バッテリーの駆動時間やRetinaディスプレイの搭載などの重要機能はそのまま、厚さは9.4mmから7.5mmへとおよそ2mm薄くなり、重量もWi-Fi版は652gから469gへと183g軽くなり、Cellular版は662gから478gへと184gの軽量化を実現しているのです。
スリムでありながらディスプレイは高解像度のRetinaディスプレイを搭載し、バッテリーも最大10時間持つため快適に使うことができるのです。

毎日のお弁当

ダンナの職場の近くには、コンビニはおろかいい飲食店がないので(せいぜいマ●ド)、平日&土曜はお弁当を毎日作っています。

ただおかずを考えるのがひたすら大変。作り置きできて、食べやすく、なおかつ色のキレイなものを毎日用意しておくようにしています。よく赤・黄・緑・白・黒(茶)の五色をそろえるとキレイかつバランス良くなるといわれますが、私がよく作るのは、

①赤:ニンジンの甘煮、かぼちゃの煮物(正確に言うとオレンジだけど)

②黄:卵焼き、ジャガイモのチーズ焼き(じゃがいもにチーズをかけてオーブンで焼くだけ!簡単だし、じゃがいもは小さめのものを選べば食べやすい)

③緑:ほうれんそうの胡麻和え、スナップエンドウ(だんなはスナップエンドウ好き)。④白:(いうまでもないけど)ご飯 ⑤茶:肉類。よく入れるのは、ハンバーグと豚の角煮、ドライカレーなど。

ドライカレーの場合は、レンジでチンしたチーズをまだらになるように上にのっけています。

こんなところでしょうか。私もバイトに行く時はお弁当を持って行くのですが、現在ダイエット中の私は、野菜ときのこのスープを持っていっています。週末に大量に作り置きし、毎朝いる分だけ温めて保温ジャーに入れるのがコツ。

雲から教わったもの

車の助手席から、ふと空を見上げたときのことです。
雲の形がワニに見えました。

きちんと、口の間に隙間もあり、口を開いているかのようでした。

目にあたる部分も丸く抜けていて、まるで絵に描いたようなワニでした。

暫く車を走らせると、先ほどのワニの角度が変わったのか、尻尾の長さが見えなくなり、童話に出てくるのうな、ちょっと可愛らしい狼の顔ような形に見えました。
同乗していた友人も、雲の形に賛同し、その後も面白い形の雲を見つけては何かに例えたり、「食べたら美味しそう」「あの雲は密度が濃そうだから乗れそう」等、想像を膨らませては、ワイワイ賑わいました。

何も物を使わず、想像し、話すことでこんなにも盛り上がり、楽しめるなんて、会話って面白いものだな、と改めて感じました。

そういえば、昔はよく母や兄弟と雲を見つめては形を連想したり、感想を話したりしたなぁ…。その中で、夏は入道雲、冬はいわし雲…というように、それとなく、季節の変化を目で感じたり、自然から教えてもらったりしました。また、普段の何気ない会話から教わったこともたくさんありました。

コミュニケーション不足と言われる今、私も子どもと何気ない話をたくさんして、会話を楽しんでいきたいなぁと思います。

ネットなし日記

3月4日 晴れ

昨夜の雨が心配であったが、穏やかな天候に恵まれ、絶好の引越し日和となった。
テーブルと本棚、ベッドも当初予定していたよりうまく配置することができ、簡易式の書斎が完成。
引越し業者のあんちゃんも話してみれば親しみやすく、母親も及第点を与えていた。
本のダンボールは全部で15、1つを除いて全て当日に空ける。最後にちゃんぴおんが残った。

3月5日 晴れ

不眠は続くがこればかりは仕方ない。
ネットにいつ頃つながるかこちらから問い合わせしたその当日に、ドコモから問い合わせが来たのには
我ながら笑った。話すこと40分、思ったよりずっと早くソシャゲ漬けの日々が戻りそうである。
元父親の自転車で花小金井・東久留米のブックオフをハシゴ。速度はやや落ちるが、
ライト完備、及び鍵を簡単にかけられるという点では旧来のマイチャリより優るか。
来店歴も長いというのに、ポイントカードを作っていなかったのは反省点である。

3月6日 晴れときどき曇り

5時間ほど眠れた。頭は比較的冴えている。
『島研ノート 心の鍛え方』を拝読、文中に「新聞」という単語が登場したその瞬間に、
そういえば今日新聞を読んでいない、ということに気づいた。
編集手帳によると、成人は1日に摂取する砂糖の量を「25グラム」程度に抑えることを奨励しているとか。
炭酸飲料の350ミリリットル缶で砂糖が40グラム含まれているという。これからはカロリーゼロコーラも控えよう。
球の体積を求める公式の語呂合わせにはじまり、表面積を求める公式の語呂合わせで終わる小文は秀逸の一言に尽きる。
自分もこの水準の文章をコンスタントに書けるようになればと心から願う。仕事にも良い影響を、きっと与えるはずだ。

久しぶりのマックに異変が!?

「マクドナルドが経営不振、大幅閉店も・・・」というニュースを読んで
近所のマクドナルドが閉店したらマックが大好物の私にとっては死活問題だわ!と思い、
昨日の夕飯はマクドナルドにしました。

18時ごろ入店しましたが、車が2台・自転車は1台しか駐車していませんでした。
店内はお客さん0人だったので、車は社員さんのものでは?と感じました。

レジカウンターはもちろんガラ空きなのですぐに注文できました。

テイクアウトで注文したのですが、5分くらいかかると言われ待っている間
店内をぐるりと見渡したところ気付いたことがあったのです。

1.床・客席がきれい(テーブル・椅子の位置がきれいに並んでいる)
2.飲み残したドリンクを捨てるゴミ箱の蓋がすごくきれい
3.ハッピーセットのおもちゃが全部ある(”売り切れました”のシールが貼っていない)

その他好感が持てるところがいくつかありましたが・・・

なぜこんなに店内がきれいなのか?。。。理由は「暇」ということです。

そもそもなぜ5分も待たされたのかそこで気づきました。
ナゲットや肉パティをストック(調理)していないからなんですね。
ストックしても注文がない場合、時間が来たら破棄しないといけません。

以前は18時といえば並ぶほどではないですが、学生が客席にたくさんいたのに
今では閑古鳥が鳴いており、寂しい気持ちになりました。

私は学生時代4年ほどマックでアルバイトをしていましたが、
お客さんが来なくて暇だったとしても仕事は無限にあるのです。
掃除・ストローなどの資材補充・ポテトなどのフライヤーの油を交換する・
後輩や新人の教育・店外のチェックや掃除等々・・・。

なので、繁盛しているマックは基本的に床や客席の掃除が行き届いておらず、
ポテト・ナゲットなどのフライ物は油の使用回転率が多いのでポテトの揚げ色が濃いです。
(油の使用回転率が少ない暇な店舗は、油がきれいなのでポテトの揚げ色は薄いです)
店員も忙しいので十分なサービスが提供できず、愛想が悪いという印象になりがちなのです。

上記の理由で、友人や家族にはスーパーの一角にある小さなマックや、
あまり人気のなさそうなマックの店舗をおすすめしています。
(そのかわり、シェイクがなかったりします)

昨日つくづく思ったのは、異物混入事件での店員のずさんな対応の原因は
忙しさを理由にして店員への教育を十分にしなかったことにあると感じました。
店員の対応がきちんとしていたらこんな大きな事にはならなかったと思います。

やっぱりポテトはマックが一番美味しいと思っている私にとっては
今回の大幅閉店のニュースは残念ですし、もったいないと感じました。

お花見と映画

先週の土曜日に彼とお花見と映画を見てきました。今年は雨の日が続いていたので中々行く日がなく、やっと先週の土曜日に錦帯橋に桜を見に行くことができました。

錦帯橋行きのバスに乗ったのですが、バスの運転手さんが道を間違えるという珍しいことがありました。

錦帯橋につき桜を見たのですがソメイヨシノはほとんと葉桜でした。でもほかの種類の桜はまだ咲いていました。とてもキレイで写真を撮りまくりました。

空と桜のコントラストがとてもキレイでいい写真が撮れました。

そして目の保養にもなりました。その日は暖かったのでそこで有名なソフトクリームを食べました。ものすごく甘くて美味しかったです。

目の保養をした後、地元に戻り前々から観たかった映画を観に行きました。題名は「風に立つライオン」を観ました。アフリカで医療をするお話でした。

それを観て思ったことは戦争は子供まで巻き込むということ、そして戦争とは恐ろしいということ。私は日本人で今の時代に生まれていてよかったなと思ってます。平和ボケと言われるかもしれませんが。

戦争は体の傷だけでなく心にも大きく傷つけるものだと思いました。この映画は友達にもお勧めできる映画でした。とても楽しい1日でした。

静電気のトラウマ

私は寒い季節になると、静電気女になります。

自動車を運転したあと、ドアを閉めるときに手を触れるとバチっとなります。
これが痛いんですよね。

どうやら車内にはいると電気を溜め込んでしまうようなのです。
それが毎回なので、自動車のドアに触るのが怖くなりました。

閉めるときは一度コンクリートに触れて体内の電気を流すのですが、コンクリートでバチっとなり、これで電気を逃がしたぞと安心してドアにふれるとバチってなりました。
2度も静電気をくらいまして、ショックを受け何か策はないかと試してみることにしたんです。

まず車内でハンドクリームを塗るという作戦です。

これは効果がありませんでした。次にドアを閉めるときは反対の手で触れてみるという方法をとりましたが、これも駄目。
根本的に私自身が悪いんだなと思いました。

静電気のせいで、毎回ドキドキさせられるのは、ガソリンスタンドです。
セルフに行くのが多いので、静電気除去シートを念入りに触ります。

毎日自動車を運転するので、静電気防止のグッズを試してみようと思います。

4月に入り、少しは静電気の威力は低下しましたが、それでも普通にドアに触るのができません。
これってトラウマというやつですよね。

私の知人はショッピングカートに触るときに毎回静電気が発生すると言ってました。
もうビリビリは勘弁して欲しいです。

チョコレートからの黒糖で…

チョコレートが大好きな私は、夕飯のあとのチョコレートタイムが1日の至福の時間でした。
しかし、美味しさのあまり、食べ過ぎてしまうことが難点でした。

コーヒーと一緒に食べたり、カカオの割合が多いものに切り替えたりと、手当たり次第試していました。そして、辿り着いた黒糖。「チョコレートの代わりに黒糖を食べる」というものでした。初めは、中々手が止まらずあっという間に一袋平らげることもありました。ひとかけらを何口にも分けて食べていくうち、徐々に食べ過ぎも治まっていきました。最終的には、食後1〜2粒で落ち着くようにもなり、チョコレートよりも黒糖の方が好きになってしまいました。そして、好きがこうじて食後だけでなく、食事にも使えないかな?と、これまで、白砂糖を調味料として使っていたところを黒糖にしてみました。すると、黒糖の焦げたような風味がコクのような深みになり、白砂糖よりもグッと旨味が増しました!

料理の腕が上がったような感覚になり、毎日の料理の時間が楽しくなりました。家族が美味しそうに食べてくれることが何より嬉しかったです。
ふと気がつくと、食後のデザートの楽しみより、黒糖を使った料理の作り甲斐を楽しみにしていました。
食べ過ぎ防止から始めたものが思わぬ活躍をするなんて、まさに棚からぼた餅状態です。

英語の勉強

つい最近のことなのですが、昔から勉強したいと思っていた英語を本格的に勉強し始めました。文法とかをテキストを見ながら勉強して…というのはやっぱり面白さに欠けて続きませんでした(笑) できるだけ英語を使う環境を身近に作り楽しく勉強できる方法は何かないかと考えた結果、英語が話せる人と交流することが一番良いのではないかという結論に至りました。となると、英会話教室に通ったり飲み屋で外国人と友達になるなどの手段が浮かぶわけですが、あまりお金を掛けたくないのが実際のところでした。(本来であれば惜しみなく投資すべきだと思います 笑) そんなこんなで、方法を模索しているとき、ふと思いついたのはインターネットでした。

何でもインターネット・スマホな現代は学習などもできるので、とりあえずアプリでいろいろ探してみると案の定、英語学習アプリがズラッと出てきました。個人的には語学学習は耳からとドヤ顔で根拠を持っていたことから、英語を聞きながら英語を実際に使えたらなと高望みかなと思いながら探しているとドストライクなアプリを幸運にも見つけることができました!! 現代文明に感謝したのを今でも忘れません(笑)

そのアプリでは海外のラジオを聞けるだけでなく、様々な国のアプリ利用者とチャットもできるのでプチ留学状態を作り出すことができ、楽しく英語を勉強しています。この調子で英語を勉強して、将来の目標でもある海外移住を実現したいと思います!!

明日が誕生日

とうとうこの年齢も今日が最後となりました。明日が私の誕生日なのです。早いもので、半世紀以上を生きてしまいました。

母が亡くなった年も追い越して、ここまで生きられたらもうこの後はそんなに生きなくてもいいなあ、などと思ってしまいます。

それにしても、ぼおっとしているとあっという間に時間がたち、年を取ってしまうものですね。

まさしく、「少年老いやすく学成りがたし」です。自分はいったい何をしてきたのか、と思うと何もなくてお恥ずかしい限りです。とりあえず、子供を残したことだけが、生物としてはやるべきことをやったという感じでしょうか。

4月生まれということが、ずっと嫌だったですね。何しろ、クラスで最初に年を取ってしまうのです。早生まれの人がうらやましかったです。

早く年を取ってしまうことに、メリットはほとんどないです。早生まれの人にはそれなりに悩みがあったようですが、遅生まれにはまた別の悩みがあるのです。

ただ、春に産まれたということは嬉しいこともあります。いつも誕生日のころに桜が咲いていて、花祭りの日が誕生日だったりするので、能天気な感じはありますね。覚えやすい誕生日なので、周りの人たちに祝ってもらえるというメリットもあります。