iPad Airの特徴

日本でも最も高い知名度と人気を誇るタブレット端末であるiPadは数多くのシリーズが有り、それぞれ重さや厚さ、性能や適した利用シーンというのが微妙に異なってきます。
自分の利用シーンをイメージしつつ、iPadの各シリーズの違いや特徴などを詳しく知っておけば賢い購入ができますし、購入後も適切に使いこなすことができるでしょう。

iPadシリーズの中でも多くの現代人のライフスタイルにマッチし、多くの人が快適に使うことのできると考えられるシリーズが第5世代であるiPad Airとなります。

iPad Airは前モデルであるiPad4から革命的とも言える劇的な進化を遂げています。
CPUの性能はApple A6XからApple A7へと進化し、バッテリーの駆動時間やRetinaディスプレイの搭載などの重要機能はそのまま、厚さは9.4mmから7.5mmへとおよそ2mm薄くなり、重量もWi-Fi版は652gから469gへと183g軽くなり、Cellular版は662gから478gへと184gの軽量化を実現しているのです。
スリムでありながらディスプレイは高解像度のRetinaディスプレイを搭載し、バッテリーも最大10時間持つため快適に使うことができるのです。

0 Comments

Add Your Comment: