明日が誕生日

とうとうこの年齢も今日が最後となりました。明日が私の誕生日なのです。早いもので、半世紀以上を生きてしまいました。

母が亡くなった年も追い越して、ここまで生きられたらもうこの後はそんなに生きなくてもいいなあ、などと思ってしまいます。

それにしても、ぼおっとしているとあっという間に時間がたち、年を取ってしまうものですね。

まさしく、「少年老いやすく学成りがたし」です。自分はいったい何をしてきたのか、と思うと何もなくてお恥ずかしい限りです。とりあえず、子供を残したことだけが、生物としてはやるべきことをやったという感じでしょうか。

4月生まれということが、ずっと嫌だったですね。何しろ、クラスで最初に年を取ってしまうのです。早生まれの人がうらやましかったです。

早く年を取ってしまうことに、メリットはほとんどないです。早生まれの人にはそれなりに悩みがあったようですが、遅生まれにはまた別の悩みがあるのです。

ただ、春に産まれたということは嬉しいこともあります。いつも誕生日のころに桜が咲いていて、花祭りの日が誕生日だったりするので、能天気な感じはありますね。覚えやすい誕生日なので、周りの人たちに祝ってもらえるというメリットもあります。

0 Comments

Add Your Comment: