チョコレートからの黒糖で…

チョコレートが大好きな私は、夕飯のあとのチョコレートタイムが1日の至福の時間でした。
しかし、美味しさのあまり、食べ過ぎてしまうことが難点でした。

コーヒーと一緒に食べたり、カカオの割合が多いものに切り替えたりと、手当たり次第試していました。そして、辿り着いた黒糖。「チョコレートの代わりに黒糖を食べる」というものでした。初めは、中々手が止まらずあっという間に一袋平らげることもありました。ひとかけらを何口にも分けて食べていくうち、徐々に食べ過ぎも治まっていきました。最終的には、食後1〜2粒で落ち着くようにもなり、チョコレートよりも黒糖の方が好きになってしまいました。そして、好きがこうじて食後だけでなく、食事にも使えないかな?と、これまで、白砂糖を調味料として使っていたところを黒糖にしてみました。すると、黒糖の焦げたような風味がコクのような深みになり、白砂糖よりもグッと旨味が増しました!

料理の腕が上がったような感覚になり、毎日の料理の時間が楽しくなりました。家族が美味しそうに食べてくれることが何より嬉しかったです。
ふと気がつくと、食後のデザートの楽しみより、黒糖を使った料理の作り甲斐を楽しみにしていました。
食べ過ぎ防止から始めたものが思わぬ活躍をするなんて、まさに棚からぼた餅状態です。

0 Comments

Add Your Comment: